【FF14】戦士の人必見?5.0の戦士のアクションをまとめてみた!

皆さんこんにちは!

今回は本題が長いので、前置きの雑談は省きますよ!

と言うことで、パッチ5.0の戦士のアクションをまとめてみましたので、書いていきたいとおもいます!



【パッチ5.0】戦士のアクションまとめ!

 

 

◎はじめにソース情報から!

この記事をまとめるにあたり、ソース・元となるサイトを紹介しておきます。

 

①電撃オンライン (リンク)

【漆黒のヴィランズ】アクション一覧&ジョブ解説・タンク編

 

②GAME Watch (リンク)

「漆黒のヴィランズ」ジョブ別解説:タンク編

 

もし、他にも気になる情報等がありましたら、上記のリンクより直接飛んで、調べてみるとよいかもしれません!

 

 

◎パッチ5.0の戦士のアクションまとめ!

 

①ロールアクション

タンクのロールアクションは、現在10種ありますが、拡張にて7種まで減ることになります。

内容につきましては、下記の画像の通りです。

挑発」「シャーク」「ロウブロウ」「リプライザル」「インタージェクト」「ランパート」。

この6つは今まで通りですね。そして残りの1つはなんと「アームズレングス」。

どうやらタンクでも使用できるようになるようです。

 

◆アクション内容の変更点に関して

「挑発」:リキャストが40秒30秒。

このくらいですかね?アルティメイタムが無くなったからかな?

 

 

それに伴い、削除されたロールアクションは「見切り」「コンバレセンス」「アルティメイタム」「アウェアネス」です。まあ見切りはともかく、他の3種はある程度使い所はあったんですけどね。

個人的にアルティメイタムはターゲットしなくても簡単に挑発できるので、タゲのスイッチの際に愛用していましたが、無くなると言うのでちょっと残念ですね!

 

 

②戦士の特性アビリティ

戦士の特性アビリティも多少変化があるようです。まずは今のレベル上限である70までの特性アビリティを見て行きますよ!

現在、戦士の特性アビリティは「ウォークライ効果アップ」と「バーサクマスタリー」のみです。内容については変更はなし。

 

んで、拡張にて追加されるのが残りの4種類です。

●タンクマスタリー Lv1から

┗自身の被ダメージを20%軽減させる。また、VITの上昇に伴う最大HPの上昇量と、STRの上昇に伴う与ダメージの上昇量に対して、タンクロール固有の補正がかかる。

これは、現行のスタンス変更がなくなったことにより、タンクの全ジョブに付与される特性ですね!

最後の1文にある、「与ダメ上昇量に対して、補正がかかる」っていうのが、どのくらいなのかが気になります。

 

戦士の場合は、今まで被ダメ軽減というよりは、最大HP量を増やして対応していました。

今回の変更により、被ダメが軽減するので、戦士従来の柔らかさは無くなるのかな?

 

●インナービースト Lv35から

┗「インナービースト」が上昇するようになる。

レベル35からインナービーストの管理が必要になるって事ですね!

 

●原初の魂マスタリー Lv54から

┗原初の魂がフェルクリーヴに変化する。

●スチールサイクロンマスタリー Lv60から

┗スチールサイクロンがデシメートに変化する。

この2つを見た時に、頭の中で「あれ?上位互換化?」って思いました。その通りなんでしょう。

現在だと、スタンスによってアクションを使い分けされていましたが、拡張で攻撃スタンスがなくなります。

上の画像を見てもらえれば分かりますが、変更で「スチールサイクロンはHP回復効果がなくなり、「原初の魂」は被ダメ軽減効果が撤廃されています。単なる範囲攻撃と単体攻撃に変わるわけです。

んで、特性でこれらのマスタリーが追加されることにより、「バーサク」が「原初の解放」に変わるように、上位互換としてアクションが変わっていくんでしょう。

個人的にはスチールサイクロンのモーションが好きだったんですけどw

 

 

③戦士の通常コンボ攻撃

まずは通常コンボですね。この通常コンボなんですが、敵視コンボがなくなるというので、「スカルサンダー」と「ボーラアクス」が無くなっていました。

まあこの敵視コンボがなくなれば、分岐する「シュトルムヴィント」と「シュトルムブレハ」のコンボしかないので、簡単になるっちゃなるんでしょうね!

 

 

◆アクション内容の変更点に関して

●「へヴィスウィング」の威力が160200へ。

●「メイム」のコンボ時の威力が200300へ。斬耐性ダウン撤廃。

●「シュトルムヴィント」のコンボ時の威力が280380へ。

●「シュトルムブレハ」のコンボ時の威力が280380へ。

 

すべて威力は上方修正されています。この差がどのようになっているのか?強くなっているのか?が、実際操作してみないと分からない所です!

 

その他の攻撃アクションはこんな感じです。

新アクションの「ミスリルテンペスト」が追加されています。

内容を見る限り、斧を頭上で振りまわすアクションがこれになるんではないでしょうか?

トマホーク・オバパの威力は変わらずのそのまま。オバパに関しては、敵視アップ効果がなくなりましたので、単に「ミスリルテンペスト」のコンボの繋ぎになりそうですね。

 

ただ、ただですよ!個人的な推測なんですが・・。

コンボボーナスで「シュトルムブレハ」の効果時間を10秒延長するのと、IBが20増えるという事で、通常のスキル回しに「オバパ」「ミスリルテンペスト」が入ってくる可能性もありそうですよね。

範囲攻撃としても強いですし、絶対ありえそうですよね?

 

 

④IBを消費する攻撃アクション

続きまして、インナービーストを消費して攻撃するアクションですね!

スチールサイクロン」「デシメート」「原初の魂

フェルクリーヴ」「オンスロート」「アップヒーバル」。

個人的に伝えたいのは、②の特性の所で書いてるので特にないかなあ?

 

◆アクション内容の変更点に関して

●「スチールサイクロン」の威力が200220へ。HP吸収+敵視アップ撤廃

●「原初の魂」の威力は同じ。被ダメ20%軽減効果撤廃。

●「デシメート」の威力が280250へ。

●「フェルクリーヴ」の威力が520580へ。

●「オンスロート」の威力は同じ。リキャストが15秒10秒へ。敵視アップ撤廃

●「アップヒーバル」の威力が300450へ。HP量によるダメ上昇が撤廃。

 

デシメート以外のアクションの威力は上方修正です。たぶん「原初の混沌」を使っての新アクションが目玉なんでしょう。※「原初の混沌」については、後で紹介します。

個人的に、フェルクリの威力がちょこっと上がったのが嬉しいのと、オンスロートのリキャが短くなったのが良い感じと思います。アップヒーバルに関しても、HPを気にしないで使えるのは良い事だと思います!

 

 

⑤その他バフアクションや支援アクション

次にバフアクションや支援アクションです。

まずは「ディフェンダーですね。ほぼ画像で説明していますが、修得できるレベルが30から10へ変更になっています。

タンクマスタリーが来ますから、主な説明は省きます。

 

ディフェンダーの次は、「バーサク」と「原初の解放」です。

個人的に注目していました、「原初の解放」の確定クリ+DHはそのままです。

この2つは特に内容の変更等はありません。

 

タンクとして大事なバフアクションも見て行きましょう。

こうしてみると変更されてる所が分かりやすいですね!

 

◆アクション内容の変更点に関して

●「スリル・オブ・バトル」。リキャストが120秒90秒へ

●「ヴェンジェンス」は変更点なし。

●「シェイクオフ」。内容については変更点なし。

┗ただ「原初の魂」が除外されるので、最大バリア量が24%20%まで下がりました。

●「原初の直感」。大きく内容が変更されました。5秒間、自身の被ダメ20%軽減。リキャ25秒。

 

特出して言う事は「原初の直感」でしょうね。内容がかなり変わって、使い勝手の良い防御バフになりました。リキャストも25秒と短いです。効果内容は、今の「原初の魂」みたいですね!

※「原初の猛り」については、後で説明が入ります。

後は、スリルのリキャが90秒になったことにより、「シェイクオフ」との相性がとてもよくなりました。

 

その他のアクションについても・・!

●「ウォークライ」は、スタンス関係なしに使用可能に。「原初の混沌」を付与すると言うのが注目。

●「ホルムギャング」は、話によると使用時に動けなくなるのが、解消されるようです、良いですね!

●「エクリブリウム」は、スタンス関係なしにHP回復になりました。

 

 

⑥新特性と新アクション

最後に、気になる追加アクション。こちらは1つずつ見て行きます!

「原初の猛り」:リキャスト20秒の支援バフ系アクション。効果時間30秒。

┗自身に「原初の猛り」を付与し、PTメンバー1人に「原初の猛り[被]」を付与。

自身は物理攻撃が命中するとHPを回復。普通に強くないですか?

[被]の効果は、戦士自身の回復量の50%分のHPを回復する。さらに被ダメを10%軽減する。

 

要は、自分が物理攻撃して回復した分の半分が、猛り対象者に行くってことですよ。

他にも、エクリで自分のHPを2万くらい回復すれば、半分の1万は対象者です。強すぎでしょ!

見た感じST向けのアクションですよね。リキャも直感と共有していて25秒と使い勝手が良いし。

絶対マクロ化が必要なアクションな気がします。

 

●「インナーカオス」:単体攻撃で威力900。確定クリ+DHのやばいやつ!

┗発動条件:「原初の混沌」効果中かつ、IB消費:50。

●「カオティックサイクロン」:範囲攻撃で威力400。確定クリ+DH。

┗発動条件:「原初の混沌」効果中かつ、IB消費:50。

 

●「原初の混沌」:自身に「原初の混沌」が付与される。効果時間30秒。

┗フェルクリーヴが「インナーカオス」に。デシメートが「カオティックサイクロン」に変化。

 

こちらは3つセットで説明します。

簡単に言えば上位互換のさらに上位互換ですね!

レベル54で「原初の魂」が特性マスタリーで「フェルクリーヴ」に上位互換へ。

レベル60で「スチールサイクロン」が特性マスタリーで「デシメート」に上位互換へ。

さらに「原初の混沌」の付与で「フェルクリーヴ」が「インナーカオス」に上位互換へ、「デシメート」が「カオティックサイクロン」へ上位互換するそうなんですよwもう何がなんだか!

 

特出して伝えなければいけないのが威力でしょう。

フェルクリーヴ」は威力580ですが、「インナーカオス」は威力900です。そうなると、原初の解放中に使いたいと思われがちですが、「インナーカオス」は解放関係なしに、クリ+DH確定です。

ですから、そういうのを気にせず・考えずに脳筋で使えるんですよ。良いですよね!

注意する点としては、ウォークライ使用後じゃないと付与されないこと。別に注意する所でもないか?

 

●「インナービストマスタリー」:IBが上昇するようになる。

┗ミスリルテンペストのコンボ成功時。

●「スリル・オブバトル効果アップ」

┗「自身が受けるHP回復効果を20%上昇させる効果」が付与される。

 

ここの部分に関しては、ちょっと分からないんですよね。

元々、上で紹介しているアクションの効果をさらに追加させるってことなのか、表記されてるそのままなのかが分かりません・・。

ようは「ミスリルテンペスト」とか、このマスタリーが無ければIBが増えないっていう事なのかもしれないですよね?

逆にこのマスタリーでIB+10とかになり、IBが30増えるっていう風にも捉えられますし😥

ちょっとここに関しては、個人的にはうまく説明ができません・・。



まとめ

 

まとめに入りまして、今回はパッチ5.0で変わる戦士のアクションを自分なりにまとめて紹介してみました。

こうして見ると、戦士は変わっているようで、思った以上に変わってない感じがします。

現状、使い勝手がかなり良いですから、運営も無理に崩すことはないでしょうからね。

なので、大まかな変更がありませんから、意外とスムーズに手をつけれそうな予感がします。

 

個人的な感想を言うとですね・・強すぎじゃないかな?って思うのですよ・・。

後、スキル的な所を見ると、今回の戦士はST向きな気がします。使い勝手の良い「原初の魂」の効果もなくなりましたし、それよりも火力貢献が大きそうですし。

まあ、私自身がまだ戦士の調整内容しかちゃんとみてないので、他のジョブがどうなってるか!

とりあえず、パッチ5.0が楽しみだなあと思いました。

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)