【FF14】4.2パッチノート 戦士の調整を考察【感想】

皆さんこんにちは。

とうとうパッチ4.2のパッチノートが公開されましたね。

気になるバトル調整の戦士の部分なんですけが・・
ほんとFF14のバトル班は、毎回ながら斜め上を行く調整をしてきますねえ・・。

 

今回はその戦士の調整について私の感想を書いていきたいと思います。



戦士の調整内容

 

まず戦士の調整内容を確認していきます。

 

◎まずは威力やブレハの効果について
初めにシュトルムブレハの与ダメ上昇効果が、20%から10%に引き下げられました。
それに伴い、他のウェポンスキルの威力が10ずつ上がりました。ボーラアクスとフェルクリは20アップ。

 

◆私の感想
まさか与ダメアップ効果が10%まで引き下げられるとは思いませんでした。普通に単純計算で考えて、威力10ずつ増えた所で、与ダメアップ10%引き下げられた分を補えるのかが心配な所なんですよね。

せめて、ボーラが威力20増えるなら、ヴィント・ブレハも20ずつ増えて欲しかったなあ。なんていったって、戦士の場合、通常コンボの威力が弱すぎですからねえ・・。

 

まあ過去にもたしか、パッチ4.1の竜騎士の調整の時に、似たような意見がありましたね。結果的にはあまりDPS値的に変わりはなかったみたいですが、戦士も同様になるのかが、気がかりでなりません。

 

 

◎アンチェインドがリキャ分離
ようやく解放とアンチェインドのリキャ共有がなくなりましたね。

これは前々から言われていましたが嬉しい調整だと思います。今まで原初の解放の為に、使えないアクションでしたが気にしないで使えます。

 

 

◎原初の解放の仕様とバーサク
まずは、原初の解放の仕様変更について。

①アンチェとリキャタイム共有撤廃。

②リキャストタイムが120秒から90秒へ変更。

③効果時間が20秒から10秒へ。

④「一定時間、インナービーストの消費量を半減する」から「一定時間、インナービーストを消費することなくそれらのアクションを実行することができるようになり、さらに自身の攻撃が必ずクリティカルヒットかつダイレクトヒットする」に変更。

⑤ディフェンダー時にも使用可能。

⑥「デストロイヤー効果中はアンチェインドが原初の解放に変化する」仕様が削除。

 

◆私の感想
これだけ見れば、まあまあ良い調整じゃないかな?と思いました。

要は、今までは「バーサク+解放」してフェルクリーヴを放つ際、クリDHしない時とした時のダメージの差が大きすぎて、しなかった時のガッカリ感がありましたからね。それをなくすためにクリDH確定にしたんでしょう。また、効果中はIB消費が無制限ですから、スキル回しを考えず脳死状態でフェルクリーヴが打てますね。

 

他にも、ディフェンダー中に使えると言うことなので、MT時にも大いに活躍できそうな気がします。IDとかではスチールサイクロンを連続で放てますし、原初の魂も使えます。

 

 

しかしまさかまさかのバーサクも仕様変更・・。

①効果内容が「自身の物理攻撃力が30%上昇させる。効果時間20秒」から「一定時間、自身の攻撃が必ずクリティカルヒットかつダイレクトヒットする。効果時間10秒」に変更。

②リキャストタイムが60秒から90秒へ変更。

 

 

そしてこれが1番の不満点

レベル70になると、特性「バーサクマスタリー」を覚え、バーサクが原初の解放へ変化。


とうとうバーサクまでも消されましたよ。
今までのバーサクといえば、昔は物理攻撃力を50%アップだったんですよね。けど弱体化され30%に減らされ、とうとうバーサクを使えなくなるという形に。戦士の重要アクションは次々と消されていく運命なのでしょうか。

 

ここで問題なのは、バーサク使用中の攻撃力30%アップ状態のDPSが、クリ+DH発生した状態でのDPSの差がどのくらいになるかでしょうね。効果時間も20秒から10秒へ短くなりますから、微妙なところなんですよ。レベル70になれば原初の解放になるので、フェルクリーヴ連発できるんですけど、70未満の場合って、元々のバーサク状態のほうが強い気がする・・。

 

 

◎細かい調整内容
①スチールサイクロンのHPの吸収量が引き下げ。

 

まあこれについては、IDとかで使っていると正直めっちゃ回復していましたからね。多少なら下げても良いと思いますが、FF14の運営って調整の仕方が極端ですから、下げすぎなければ良いなあと願いますね・・。



まとめ

 

いやはや、ほんと斜め上を行く調整内容でしたよ。
私個人としての戦士の調整内容の総評は、正直「がっかり内容」でした。

 

◎私の不安点
やっぱり「バーサク」と「原初の解放」の仕様変更で、どれくらいトータルDPS値が上下するかでしょう。火力を出すことを楽しみにしている私でもありますし、今回の調整結果でDPSが下がるようならちょっとガッカリします。

他にPTプレイ時についての話になりますが、原初の解放のリキャが90秒なので、どうなるかなって所ですね。

 

ただ、今回の調整ってMT時の戦士としてみれば大きいですよね。今まで使えなかったアクションが使えたり、豊富に増えますからね。ディフェンダースタンス時の火力は間違いなく上がるとは思います。

 

使い勝手はまあ良くなったとして、後はそれを使いこなせるようにスキル回しを研究していかないとですね。
実際のところ蓋を開けてみないと分からないと言うように、触ってみないと分かりません。

 

 

◎マテリアについて
今まで戦士は、武略をメインに天眼と合わせてつけてきましたが、今回の調整で変わりそうですよね。確実にクリ+DHヒットすることを考えれば、天眼よりGDC重視のSSをつける人も増えてきそうです。マーケットを覗いてみると、戦技のマテリジャ・ハイマテリジャが高騰していました・・・。

 

さて最後になりますが、ホント心配でならない調整内容です。とりあえずフォーラムや掲示板を覗きながら、皆さんの意見や考察を参考にしていきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

あわせて読みたい

7件のフィードバック

  1. 774 より:

    今回の調整でちょい上げと言っていたので個人のレベルではほんとにちょい上げになりそうな感じに、ただ固定とかだと詩人の歌と竜のリタニーの恩恵が得られなくなって下がりそう。逆にモンクと機工は相性が良さげな感じに。今回の調整は操作感が一番だと思いますよ。私は暗黒メインですがこれなら戦士も余裕でやれそうですしナ戦暗全部出せそうです。クライを腐らせずに回せますし昔の脳死ジョブ感が出てきましたね。DPSがさがらなけりゃいいんじゃないすかね?
    暗黒もほんとちょい上げだけっすよw

  2. ありがとう! より:

    参考になりました!

  3. ガッカリ砲 より:

    実際に運用してみなければわかりませんが、私もパッチノートを詠んだ限りでは「がっかり内容」でした。ナイトも暗黒騎士も70ですが、事前にIBを蓄積しておいて必要なときに火力を発揮できるのが面白いところであり戦士の個性だと考えていました。
    また、個人的には暗黒騎士がHPMP吸収型のタンクにすべきでFFシリーズのイメージに合っていると思います。

  4. より:

    一部のシナジーが無意味になるのと、噛み合わなくなるなどでPTでは弱くなったかな?って印象です。
    解放5振りのGCDは2.37、余裕を見て2.36で十分なので、そこまで盛らなくてもいいみたいですよ。
    問題は確定クリDHアビが出てきたことで、どれだけクリの重要度が増すかですね。
    戦士だけ天眼盛りじゃなくなると着替えづらくなっちゃいます…

    暗黒は単純強化になりましたが、戦士はちょっとややこしそうですね。
    まあ木人殴るまで分からないです。

  5. ゴージ より:

    バーサクの攻撃力上昇が無くなるのが痛いです…
    アンチェがある分ヘイト獲得量はがっつり増えてヘイト安定しますね。ディヴァージョンの効果アップもあるから開幕はディフェトマホからデストに切り替えてブレハコンボ>解放フェルクリ>ディフェに切り替えてアンチェヘイトコンボって感じかな。
    アンチェが解放から解放されたから解放のリキャストと合わせてガンガンスタンスチェンジして戦う感じになりそう。解放の変更で端数から解放されたけどシナジーから解放(追放)されたせいでバフマッチング出来てた人は実質弱体もあり得るしちょっとこのジョブPTから解放したほうがいいかもしれませんね。

  6. ゴージver4.2 より:

    DHは25%アップでバーサクは30%アップだからクリ確定30%アップの方がうれしかったかな
    何よりフェリクリーブで大ダメージというロマンがなくなってしまったのが少し寂しいですね
    戦士はタンクで唯一ロマン砲うてましたから

  7. より:

    フェルクリに依存するのが嫌だったんじゃないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)