独自ドメイン含めライブドアブログからWordPressへ引越しした手順 その1 準備編

◎はじめに

今回はFF14と全く関係ない話になりますので、興味ない方はスルーして貰っても構いません!

是非ともWordPressでブログを始めようと思っている人、引越しを考えている人、準備してる人の参考になれれば良いと思っています。

 

今回私が行った引越しのやり方というのは、以下のような手順でした。

①引越し前のライブドアブログ(独自ドメイン) 

↓ エクスポート

②仮のWordPressブログ(仮ドメイン)

↓ エクスポート

③引越し後の正式なWordPressブログ(独自ドメイン)

 

 

◆あらすじ:ライブドアブログからWordPressへ引越しした話

その1:準備編 レンタルサーバーの用意・ライブドアブログの記事をバックアップ 今ここ

その2:WordPress作業編 テーマの選択。エクスポートした記事をインポートする。

 

今までライブドアブログ(独自ドメイン使用)でブログ更新をしていましたが、この度WordPressへ引越しすることになりました。ブログの引越し自体は、今まで無料ブログ間で何回か経験していましたが、WordPressへの引越しに関しては、今までと内容が違っていて色々と苦労を強いられる形になりました。

※ちなみに今まで触ったことがある無料ブログはこちら。色々やりましたね!

●Amebaブログ・ブログ民・FC2ブログ・Seesaaブログ・ライブドアブログなど

 

 

◎今回、引越ししようと思った理由

ライブドアブログから、WordPressへ引越ししようと思った理由は以下の通りです。

 

①SSL化をしたかった事。

分かりやすく言えば、HTTPS化ですね。常時SSL化することで、セキュリティ面の強化・信頼性の向上・SEOに有利なるなど色々とメリットが発生します。

色々なサイトのURLの横に、鍵のマークがあるか確認して見ましょう!

鍵マークが付いていると安全な接続と言う事で保証されている形になります。安心ですよね。

 

一応、ライブドアブログの公式でも、HTTPS対応について言及されております。

2018年の2月頃に公表された内容ですが、未だに対応時期が不透明なままなんです。

※ちなみにURLをhttps化したとしても、ちゃんと設定が出来てないと鍵マークはつきませんよ。

 

 

②デザインの自由性

ライブドアブログと違い、WordPressはデザインの自由性がかなり高いです。またプラグインを使うことにより、より一層なオリジナルなサイト作りができます。ただデメリットとしては、オリジナル感を出す為の操作設定が色々と難しいって事ですかね。それなりに知識や、問題を解決する為の情報収集が必要になります。

 

ではここから本題に入りますよ。

今回この引越しする際に、私が準備した・対応した内容を色々書いてまとめて行きたいと思います。



引越しする前は情報集めが肝心です!

 

引越しする前に、まず前もって情報集めに徹しました。こういうのは結構大切・大事ですよね。

①準備するもの ②引越しの手順や注意事項 ③設定方法 など色々と情報収集をしましょう。

 

私の場合、独自ドメインをそのまま引継ぎたいやり方だったので、結構情報が少なくて困りました。

ライブドアブログ(独自ドメイン)  WordPress(独自ドメインの引継ぎ)

上記のようなやり方ですね。

 

どうやら、たくさん紹介されているパターンというのは、下記の内容が主で、

無料ブログ(無料ドメイン)  WordPress(新規独自ドメイン)

無料ブログ(独自ドメイン)  WordPress(新規独自ドメイン)

こうなるとちょこっと操作設定が違うんですよね。この手の記事はたくさんありました。

 

 

◆私が参考にしたサイト様を紹介

ではここで、私が引越しする際に参考にしたサイトを紹介しておきます。

 

私と同じ感じで、独自ドメインを引継いで引越しをする際の手引きが書かれています。基本こればっかりを見ていた気がします。

 

こちらはドメインとか関係なく、普通にライブドアブログからWordPressへの引越しする際に参考にしました。

 

ライブドアブログではないですが、独自ドメインの引越しの設定と言う意味で参考にしたサイト。

 

たぶん、検索して見れば結構たくさん出てくると思うので、各々が見やすい・理解できるサイトを探すのが良いかも知れません。

 

サーバー選び・独自ドメインについて

 

◎レンタルサーバー選びについて

WordPressを始めるには、レンタルサーバーというのが必要になります。

 

今回、私は「エックスサーバー」を選びました。理由としては紹介してる人が多かったからです。


それ以外の理由は特になかったですね。私が調べて見ていた引越し解説サイトで、エックスサーバーの説明がありましたし、その通りやってみようと思った感じです。

 

他にもレンタルサーバーなら、ロリポップだったり、お名前.com辺りが有名なのかなあ?
   

注意点としては、各レンタルサーバーによって、月額や初期費用が違います。

安い所を調べて選ぶのも、全然ありだと思いますので、そこはご自由どうぞ!(比較サイト)

 

 

◆まずは「お試し10日間」からやるのが絶対オススメ!

私の場合、初めからサーバー契約するのではなく、「10日間のお試し」からスタートしてみました。お試しの状態でもWordPressは開設できるようですし、1回触って見るという名目でやってみるのも良いのかも知れません。ちなみに参考にしたサイトはこちらです。

お試しの状態で1回WordPressをいじって見て、「なんかダメそうだなあ」「難しいなあ」と思ったら断念すれば良いですし、逆に「感触が良かったなあ」「やっていけそうだなあ」と思ったら、そのまま引越しへと前向きになればいいだけですからね。試して見れば、課金して後悔することもないので、本当にオススメだと思います。

 

 

◆お試し10日間の登録方法(エックスサーバー限定)

 

1、エックスサーバーのサイトへ飛びます。


 

2、トップページの中央右側にある「サーバーお試し10日間」をクリックする。

3、「サーバーの新規お申し込み(無料お試し10日間)」を選択する。

 

 

4、契約内容を入力する。任意のサーバーID(※1)を決める。プランは「X10」を選択です。

※1:お試しの登録にて「●●●.xsrv.jp」という任意の独自(初期)ドメインを作ることになります。

初めはこの初期ドメインを使用して、WordPressを作ることになりますが、特に気にする必要はありません。後でURLを変更することも可能です。

 

5、会員情報を入力する。普通にメアドや、お名前・住所どかですね。登録区分は「個人」です。

 

6、登録が完了したら、メールアドレスにサーバーアカウント設定完了(※2)のお知らせが来ます。

※2:このメールにはユーザーアカウント情報サーバーアカウント情報(※3)が記載しています。

※3:ユーザーアカウント情報は、インフォパネル用のアカウントになります。

※3:サーバーアカウント情報は、サーバーパネル用のアカウントになります。

 

また、このお試し期間はもちろん10日間のみで、10日を過ぎるとWordPressのサイト自体が消滅するので注意が必要です。



WordPressをインストールしよう!

 

お試しでレンタルサーバーを作ったら、WordPressの簡単インストールしましょう!初期ドメインで簡単インストールすることで、WordPressに登録することができます。

 

1、メールアドレスに記載されている「サーバーパネル」のURLをクリックしてエックスサーバーに飛びます。

 

 

2、メールに記載されていたサーバーアカウント情報の、サーバーIDサーバーパスワードを入力してログインをします。

 

 

3、メニューの中にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

 

4、ドメイン選択画面が出てくるので、初期ドメインを選択しましょう。

※画面では2つ選択するがありますが、初めての場合は1つしかありません。

 

 

5、「WordPressのインストール」タブを押して、入力画面を出します。

 

 

6、WordPressの初期設定に関する必要事項を入力していきます。※赤い枠だけです。

インストールURLは、初期ドメインが入力されていますから、特にいじらなくて大丈夫。

①ブログ名:ブログのタイトルです。※後で変更も可能です

②ユーザ名:WordPressにログインする時に使うユーザー名です。

③パスワード:WordPressにログインする時に使うパスワードです。※忘れないようにしましょう!

④メールアドレス:エックスサーバー登録時のメールアドレスでも可能です。捨てアドでも大丈夫。

⑤インストール(確認):すべて入力したらボタンを押しましょう。

 

これでWordPressのインストール操作が終わります。インストールの完了を待ちましょう。

インストールが完了したら、WordPressの管理画面のURLが出てきますのでログインをします。

※たまにエックスサーバー内でインストールが完了してても、WordPressの管理画面を開けない場合があります。「サイトがありません」的な画面が出てきます。この際の対処方法は、ちょこっと時間をあけてから、管理画面のURLを押せば開くことができるので試して見てください。それで管理画面へ行けたら、とりあえずWordPressのインストールは完全完了です!

 

◎引越し前ブログの独自ドメインについて

私の場合、引越し前ブログの独自ドメインは、ライブドアブログ時に取得して使ってましたから、特に新しくドメイン契約する必要はないですね。引越し先でもそのまま同じURLを引き継ぎます。

現時点では、下記の2つのドメインを所持していることになります!

①今まで使っていた独自ドメイン

②エックスサーバーのお試しで作った初期ドメイン

 

ただ今まで使っていた独自ドメインが、お名前.comのものでしたから、使い勝手を良くする為、エックスサーバーへドメイン移管をしています。

※このドメイン移管については、後で詳しく説明しようと思いますよ。

 

 

ライブドアブログの記事と画像の引越し準備

 

ここら辺に関しては、紹介している記事のどこも同じ様な感じですから、詳しい説明は省きます。

※ちなみに過去記事を引き継がない場合は、この手の作業はいらないです。

 

 

◆ここらの作業で参考にしたサイト様

詳しい説明・フリーソフトの操作は、上のリンクを開いて確認して見てください!

 

①ライブドアブログの記事を、バックアップしてエクスポートします。

●「backup.txt」をダウンロードします。

 

②ライブドアブログに投稿した画像データを一括で引き抜き・取得します。

●フリーソフト「GetHTMLW」を使いました。(ダウンロードページ)

なんか絵文字も画像データとして引き抜かれていました・・w

 

③取得した画像を、エックスサーバーのWordPressのフォルダにアップロードする。

●フリーソフト「FFFTP」を使いました。(ダウンロードページ)

●エックスサーバーのインフォパネルにログインし、ファイルマネージャーからでもアップロードできます。

ドメイン名/wp-content/uploads/の中に、「imgsフォルダ」ごとアップロードしましょう。

 

④エクスポートした「backup.txt」ファイルを編集・置換します。

●フリーソフト「Sublime Text3」を使いました。(ダウンロードページ)

※「backup.txt」には、記事の内容だったり、画像リンク・内部リンクの情報がテキスト状で保存されています。画像リンク・内部リンクなどを、このままWordPressにインポートしちゃうと、ライブドアブログの時の画像URL・リンクURLのままになってしまうので、そうならない為にもテキスト状のURLを書き換え(置換)をします。

 

とりあえずここまでしておけば、一通り準備編は完了です!

たぶん1番めんどくさいと思うのは、バックアップファイルの置換かなあと思います。エックスサーバーやWordPressの登録等については、そこまで難しくないですし、簡単にインストールで済みますから苦労することはないでしょう。



次回は本格的にWordPressに触れていきます!

 

とりあえず、ここまでの流れをまとめていきたいと思います。

①WordPressへ引越しをしようと思ったら、まず準備から始めましょう。

②WordPress用のレンタルサーバーを用意し、WordPressをインストールしよう。

③ライブドアブログから、色々とデータのエクスポート・ダウンロードをしよう。

④ダウンロードした画像は、WordPressへアップロードしよう。

⑤エクスポートした記事データのリンク先を、編集で置換しよう。

 

以上になりますね!

 

さて次回からは、本格的にWordPressに触れていくことになります。

テーマの選択、プラグインのDL、記事のインポート、パーマリンクの設定などたくさんあります!

準備編も結構大変ですが、デザイン編集とかも大変ですよ。ただ、個人的には色々面白かったです。

 

気になったら次の記事もよろしくお願いします!

最後までご覧頂きありがとうございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)