【雑談】年始の出来事をまとめてみた【リアル】

皆さんこんにちは。

 

今回はFF14ではなく、リアルでの出来事のお話になります。

皆さんは、無事に年が明け、お正月・年始はどのようにお過ごしになりましたか?

・年末年始お仕事で忙しかった人

・特にすることなく、家でダラダラしていた人

・家族と出かけたり、いろんな所を回った人

・実家に帰省して、ネット依存症に気づいた人

 

など、色々な方々が、色々な体験を過ごしたかと思いますw
今回は、私の今年の年始の出来事をまとめてみました!



数年ぶりに初詣に行ってきた

 

年末に書いた記事にて、私はここ数年、初詣に行ってないので、久しぶりに厄落としを込めて初詣に行きたいと書い通り、年が明けてすぐに、地元の八幡宮様に行ってまいりました。

私が住んでいる地元は、前にも紹介しましたが岩手県宮古市なので「横山八幡宮」様。

================================================================

横山八幡宮の創建は白鳳九年(680年)と伝えられ、「宮古」地名発祥の地でもあります。また、源義経公が平泉を逃れ当宮に参籠したとも伝えられております。

 

交通安全・旅行安全・厄祓・航海安全・大漁満足・無病息災など、特に霊験あらたかで、地元の方はもとより、全国各地から篤い信仰を受けています。

================================================================

私自身、詳しくはわかりませんが、そこそこ古いらしい?

横山という名前は、地元の川の上流から洪水で流されて来た山といわれてるらしい・・。

 

まあ説明は置いといて、100段近い階段をゼイゼイしながら上がり、しっかり拝んできました。お賽銭は25円(二重にご縁がありますように)です。やっぱり5円なんでしょうね。

◎今年のおみくじ

おみじくも引いてまいりました。本当に何年ぶりでしょうか。
結果は中吉でした
凶じゃないだけまだましでしょうか・・。

 

甥っ子共が、我が家に泊まりに来ました

 

新年の挨拶含めて、私の姉の家族一家が、我が家に泊まりに来ました。なんと言っても、小学低学年と高学年の甥っ子2人がものすごくうるさいんですよ。落ち着きがないってやつですね。

 

今まで何回か遊びに来ては、私の部屋を占拠。まあ、たくさんのゲーム機や、PC、たくさんのモニターがあるこの部屋はある意味、男の子にとっては好奇心がそそられる部屋でしょう。

 

毎回、家に来て部屋の扉を開けた瞬間に言う一言は「ゲームがしたい」ですからね。

しかし今回は、どうやら様子が違うみたいでした。甥っ子2人そろってPSPvitaを買ってもらったらしく、2人してそのvitaのマインクラフトで遊んでいてそっちに夢中でした。

 

私が一番びっくりしたのは、vitaでボイスチャットができるみたいで、知らない人と普通にボイスチャットしながらゲームしてるんですよね。話を聞いてると相手は、同じくらいの年齢層だったり、30~50歳の大人の人ともやりとりしてるんですよ。

なんか時代が変わったなあと、シミジミ実感しました。なんか実況動画を投稿している(※一緒に遊んでいる人が)とか、言ってましたし、すごいですね。

 

まあ、姉から話を聞くかぎり、ちょっと心配だとは言ってましたけどね・・。
個人的に小学生でボイスチャットは早い気がしますけどねえ・・。それが当たり前なのかな。

 

ちなみに・・・。

その小学高学年の甥っ子長男は、今日も私の部屋で泊まっていきます。5日に帰る予定

 

君の名を見ましたよ!

 

昨日、初の地上波ということでテレビで放映されていましたね。私は、しっかり見たのはこれが初めてで、色々と騒がれていましたし、FF14はログインしてもそっちのけで、期待しワクワクしながら見させていただきました。

 

感想としては、普通に面白かったです。ただ1回見ただけでは、分からないとこもありましたので、何回も見ないと理解できなさそうですよねw
また見たいか?といわれれば困りますけど、見れて良かったと思いましたw

 

映画が終わった後の、FF14内での会話が「おまえの名前はなんだ?」とか「お前は誰だ?」とかで盛り上がりました。


まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

私の場合は、特に何もすることなく家でダラダラしていた部類に入る結果になりました。まあ元々インドア派なんで、どこかに出かけたいとか行ってみたいとかがあまりなく、家に居るほうが好きですからねえ。

 

はじめにも書きましたけど、皆さんの年始はどうでしたか?w

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 海尊 より:

    時代の違いもあると思いますが、私の場合は両親はもちろん、おじ・おば全員がゲームに関して無理解だったので、その甥っ子2名がうらやましいと感じます。
    いちばん若いおば(19歳年上)ですらゲームボーイのRPGで表示される文章「○○は××を攻撃⇒xのダメージ」の意味がまったくわからないというのに驚愕した記憶があります。

  2. Etermia より:

    コメントありがとうございます。

    私の家族は、ゲームに対してそこまで厳しくなかったから、長時間遊ぶなくらいしか注意されませんでした。やっぱり親がゲームへの理解がないと、難しいんでしょうね。
    甥っ子の場合は、甥っ子のお母さん(私の姉)もPSPでゲームしますから、一緒に横になって遊んでたりもしましたよ。
    たぶん、コメントしてくださったこの方と同じような境遇の人も少なくないと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)